おやつにもなる炒り玄米

皆さま、こんにちは!

さいたま市南浦和でロースイーツ南浦和教室を開催している講師のミユキです。

ロースイーツ南浦和教室のコンセプトは、「食の力を使って、いつも台所を任されているママの背中を良い方向へそっと押したい♪そして、子どもの健康だけなく、ママもいつまでも健康で綺麗でいてほしい」がテーマです。

腸内を正常化し、カラダもココロも健やかで、内側からの美と外側からの美を追求します。

以上の願いを込めて日々活動、情報発信しています。

はじめましての方はこちら

 

 

最近出会った、″炒り玄米″。

皆さんは、炒り玄米ってご存知でしたか?

ロースイーツとはちょっと離れますが、ローでなくても素晴らしいものがこの世の中にあるんだと感銘を受けたので、シェアしますね^^

炒り玄米とは

その名の通り、玄米を炒ったものです。

しかし、こんな簡単にできる炒り玄米の魅力はひとことでは語りつくせません。

まずは、その炒り玄米の魅力をお伝えします。

炒り玄米の魅力

抗酸化作用・・・活性酸素が原因とされる各種の病気・がん・アトピー性皮膚炎・生活習慣病、多々の病理現象の予防・改善に始まり、シミ・そばかす・シワなど美容上の弊害の除去にも有効です。

免疫強化・・・白血球が増えるなど、抗腫瘍作用・抗菌作用

毒吸着排泄作用・・・内部被ばくや重金属のデトックスをします。

腸内正常化作用・・・殻に含まれる食物繊維が腸内環境を整え、便秘解消にも有効です。

ミネラル補給・・・内部被ばくを防ぎ、自律神経やホルモンの分泌を正常化します。

抗がん作用・・・玄米を炒るとガン成長阻止率が60%~70%という非常に強力な抗がん性「RBA」「RBF」が発生します。

他にも、炒り玄米を毎日とれば、肥満やアレルギー、高血圧、貧血、胃弱などの改善に効果が期待できます!

この炒り玄米を私に教えてくださった方は、補聴器を耳にハメていないと会話が聞こえないという言う「難聴」の方でした。

しかし、その方が炒り玄米に出会い、食べ続けたところ、現在は補聴器をはめずに会話ができるようになりました。これって本当にすごいですね!

また、陰陽五行の観点からも、「腎」と「耳」はつながっていて腎が弱っているから耳も弱っていたのだと教えてくれました。そのため、腎を強化する行動に出たそうです。

炒り玄米は、腎をも強化してくれるのですね♪

炒り玄米の作り方

(1)玄米を洗い、一晩浸水させる または 50度洗い

(2)水を切る

(3)フライパンを熱する

(4)玄米を入れ木べらで5分混ぜる

(5)ぱちぱち音がしだしたらきつね色になるまで炒る

(6)ザルに上げて粗熱をとる

これだけです。簡単ですよね??

フライパンの大きさによるので、目安の量を記載すると、、、

直径20センチのフライパンで、0.5合位を投入するといい感じです。

炒り玄米の活用法(炊き方、梅干し入り玄心スープ)

ここで、そのまま食べてもおいしい炒り玄米の活用法を二つご紹介します。

是非、いつもの生活に摂り入れてみて下さいね♪

炒り玄米ご飯の炊き方

【材料・下ごしらえ・手順】

(1)白米2合を3回といで水切りする

(2)炒り玄米0.5合を混ぜ、水は2.5合入れる。天然塩ひとつまみ。

(3)炊く。炊き上がったら天地返しをする。

梅干し玄心入りスープ

このメニューは、「出す」に注目しているものです。

これから寒くなるので、なかなか、「出せない」ですよね!

そのため、積極的に摂り入れましょう!エネルギー代謝が促進されます。

【手順】

(1)鍋1リットルの水と、炒り玄米大匙2を入れて強火にかける

(2)沸騰したら梅干しを入れ、弱火で20分から30分煎じる

ちょっと余談ですが、「出す」のに最適なものをもうひとつご紹介します。

体内の大掃除に最適なものです。

それは、干し大根と干しシイタケのスープです。

【準備・手順】

(1)干し大根3:干しシイタケ1を用意

(2)その4倍量の水とともに鍋に入れ、15分から20分煎じる。

まとめ

炒り玄米の魅力はいかがでしたか?

そもそも玄米は、栄養不足や老化を加速させない食べ物です。消化がしにくいというデメリットもありますので、しっかり唾液と咀嚼することが大切です。

そこでひと手間、玄米を炒るのですね♪

高温で熱を通し、玄米の殻を破ることで消化不良は解消されます。

子どもさんやゆっくり噛んで食べる時間がないというママさんにもおすすめです。噛む行為が負担な人ほどお勧めできるということです。

そのまま食べられるので、おなかが空いた時のおやつや非常食に。瓶にいれて保存すればいつでも美味しくいただけますね!

茹でておかゆにしてもいいと思います♪

是非、一家に一瓶用意して、ご家族の健康維持に常備食としてお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

rawsweets

『Rawsweets南浦和』教室を主宰。 20代半ばに病気を患い、二度と病気になりたくないと決意! 本物の健康を手に入れるため、NPO法人ラブテリの講師陣に師事。 現在は体質改善に成功し、体重-8㌔、体脂肪-7%に! サイズも3ⅬからMサイズに。。。 食が身体を作っていることを実感。今春、腸内環境を整えることで健康になることを発信するロースイーツ教室を運営。